【12月15日実装】各クラスに追加される新スキルを1つずつ紹介

 

 PSO2:NGS(ニュージェネシス)で、12月15日実装予定の大型アップデート「砂塵奏でる鎮魂歌」にて、クラスの上限レベルが35まで解放されます。

それに伴い、各クラスに新スキルも実装。実装される予定の新スキルを1つずつ紹介。効果もまとめています。

 

また、風、闇、光属性テクニックも追加され、各属性の専用スキルも実装されます。

 

 

各クラスに追加される新スキル例

 

クラス・属性新スキル効果
Hu
ソードアーツチャージアヴェンジソードPAのチャージ完了後、更にチャージをした状態でエネミーの攻撃を受けると、自動的に攻撃が発動する。ハンターアーツアヴェンジなども適用されるため、PAの威力を上げながら反撃できる。
Fiダガースピンアクセルエネミーに一瞬で近づけるスキル「アクセルドライブ」が、武器アクション後も可能になる。
Raスプレッドショットワイドレンジアサルトライフル専用スキルの「スプレッドショット」が、範囲攻撃に変化し、多くのエネミーを巻き込めるようになる。
Guライジングドライブツインマシンガンの武器アクション後に通常攻撃する事で、上昇しながら攻撃が可能に。
Foテクニックドミネーションダウンしているエネミーに対し、テクニックのダメージが上昇する。通常のテクニックに加え、タリステクニックにも有効。
Teオーバーエンファシス発動時、自分とパーティメンバーのHPとPPを回復。さらに一定時間最大PPを増加。旧PSO2エトワールの「オーバードライブ」のようなスキル。
Brブレイブスピリットカタナのガードや、バレットボウの回避成功後に、一定時間通常攻撃と、武器アクションカウンター攻撃の威力やPP回復量が増加する。
BoブレードアーツパリィデュアルブレードのPA中に武器アクションを実行すると、PAを中断することなく、エネミーの攻撃をガードすることができる。
ザンゲイルノンチャージの風テクニックを当てると、エネミーに風のエフェクトが発生。そこにチャージした風テクニックを当てると、ザンとギ・ザンでそれぞれ異なる追撃が発生。
グランツグリッターテクニックを複数回エネミーに当てると、一定時間プレイヤーに強化エフェクトが発生。強化中、光テクニックに追撃が発生するようになる。
メギドスフィアノンチャージの闇テクニックをエネミーに当てることで、プレイヤーの後ろに最大3つまで闇のエフェクトがストックできる。チャージした闇テクニックを発動する時、貯めたストックを全て消費してテクニックを強化する。

 

 

風、闇、光属性テクニック専用のスキルはFo、Te、Boにそれぞれ追加されます。

 

 

 

光属性テクニック

  • グランツは、旧PSO2でのグランツと同じような挙動の光テクニック。
  • ギ・グランツは、ノンチャージ版は旧PSO2での零式ギ・グランツの最後の部分に似た挙動をしていて、チャージ版はラ・グランツに似た挙動をします。

 

 

 

 



 
  
       
  
       

おすすめ記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る