引き継ぎ・共有要素などに関するよくある質問・疑問点【FAQ】

 

Q&A形式で、よくある疑問点をFAQとしてまとめてみました。

正式サービスイン前はこっそり増やしていくかもしれません。

 

また、正式サービス前の情報は開発中の内容であり、予告なく変更されることがありますし、

情報に一部曖昧なものがありますので、あくまでも参考までに。

 

 

『NGS』には、それらの機能が存在しないため、共有はされません。

「プレミアムセット」の有効期限は『NGS』と『PSO2』で共有され、

『NGS』でも、独自に「プレミアムセット」有効中に使用可能となる便利な機能が追加で用意されています。

 

また、以下の情報も共有されます。

共有される要素
「キャラクター作成権」使用「キャラクター倉庫」拡張
「素材倉庫」利用の有効期限「マイショップ」出店の有効期限
「拡張倉庫」拡張の有効期限「サブパレット」拡張

 

 

ただし、以下の情報は、『NGS』では、ゲームシステムが異なるため、有効ではありません。

これらの情報は『PSO2』では引き続き有効です。

共有されない要素
「アイテムパック」拡張

※拡張情報の共有はされるが
アイテムパック自体が別々になる
「オーダー受注上限」拡張の有効期限
「スキルツリー」拡張「マイルーム」利用の有効期限
「マグ」追加「サポートパートナー」追加

 

 

『PSO2』と『PSO2:NGS』で共有可能な『PSO2』で入手したアバターアイテムや登録情報は下記のようになります。

 

※コラボ関連のアバターアイテムや登録情報もすべて含みます。
「アウターウェア」「コスチューム」「ボディパーツ」「アームパーツ」「レッグパーツ」
「ベースウェア」「インナーウェア」「ボディペイント」「髪型」「ヘッドパーツ」「アクセサリー」「ロビーアクション」「ボイス」「メイクパターン」「ステッカー」「まゆ」「まつげ」「瞳」「顔バリエーション」のチケットアイテムおよび登録済み情報

『PSO2』で入手した以下のアイテムについては、『NGS』で使用することができません。

 

  • 旧式武器
  • スキルリング
  • 戦闘および成長や強化で使用する消費アイテム
  • ブースト系アイテム
  • 素材アイテム
  • ルームグッズ

はい。プレイ時間は『PSO2』と『NGS』で共有要素となっているので引き継がれます。

 

使えます。

 

公式サイトにて、『PSO2:NGS』開始前にご利用のアカウントでのログインをお試しください

という告知がありますので、詳しくはそちらをご確認ください。

お使いのプラットフォームにもよります。

 

NGSは「NGS」側のデータだけをDLする事でもプレイ可能な設計となっています。
旧「PSO2」側の世界にも行きたい場合で、PC版でしたら、あらかじめ「PSO2」のデータをDLしておく事で結果的に早くDL出来ます。

 

現役プレイヤーの方で、データ容量を削減したい場合は、一度アンインストール後に「NGS」部分だけをDLすることで、容量の節約が可能です。

 

PS4版では、旧PSO2側のデータは無料ダウンロードコンテンツ化され、NGS側が本体に切り替わり1からダウンロードしなおしになるので、今DLしても正式サービスイン後に再度ダウンロードしなおす必要があります。

『PSO2:NGS』の対応ハードはWindows PC版/PS4版/クラウド版(Nintendo Switch/PC)です。

したがって、PS4でもプレイ可能になる予定です。

  • PSO2:NGSサービスイン後も「PSO2es」のサービスは継続されます。
  • 「PSO2:NGS」と連動する経験値獲得要素やクイック探索、マイショップなどのクイック機能の実装予定はありません。
  • NGSで配信されるACスクラッチのみ、今後も販売予定です。
  • 旧PSO2との連動要素については、NGSサービスイン後も問題なく利用できます。
  • さらに、「PSO2:NGS」との連動機能をもった、「PSO2es」の後継タイトルとなるアプリの開発を検討中です。

NGSでは、マグのパラメーターや戦闘を補助する機能はありません。
8月実装予定の「マグ進化デバイス共有システム」により、使用した進化デバイスの情報のみ共有されます。

 

CβT時点で要望の多かった、マグの見た目を任意で消せる機能(マグステルス?)も実装予定です。

『PSO2』のサービスは継続されます。
『PSO2』と『NGS』の世界は、一つのゲームの中に共存し、ゲームにログイン後、ブロック移動のような機能で、お互いの世界を移動することができます。

『NGS』と『PSO2』のアイテムパックは別々のものとなります。
『PSO2』のアイテムパックにあるアイテムは、倉庫端末から倉庫のような感覚で取り出すことができます。

 

そのため、アイテムパックの拡張状況は引き継がれるわけではないですが、『NGS』の倉庫端末から参照できる『PSO2』のアイテムパックに倉庫感覚で拡張状況が共有されています。

 

『PSO2』用アイテムパックには『PSO2』で使用できるアイテムのみ、

『NGS』用アイテムパックには『NGS』で使用できるアイテムのみ入れることができます。

 

アイテムがもらえるプレゼントキーワードを、ゲーム内で入力する場合、すべて全角で入力する必要があります。

 

Switchの場合は仮想キーボードの文字を長押しすれば全角入力を選べます。

 

キーワードを入力したあとは、メニューのシステム→キャンペーンアイテム受け取りでアイテムを受け取る事ができます。

 

 

はい。

キャラクター倉庫の拡張状況は引き継がれ、共有されます。

『NGS』正式サービス後のシップ構成は、『PSO2』と同様のシップ1~10構成を予定されています。
ここからは個人的な考えですが、「シップ1の方はそのままシップ1に」というような形だと思われます。

 

※2021/6/4 追記

定期メンテナンス告知に、シップ移動申請の注意文がいつもどおりあるため、上記内容がほぼ確定。

共有されます。
新規作成も可能です。

 

新しくなるものそのまま使えるもの
N-メセタエステ無料パス
N-カラーチェンジパスマイショップ利用◯日
N-スキルツリー初期化パスプレミアムセット利用◯日
N-獲得経験値+◯%素材倉庫利用◯日
N-レアドロップ倍率+◯%拡張倉庫利用◯日
N-ハーフドール
N-ACリサイクルバッヂ

「NGS」にはチームルームなどの機能はありませんが、『PSO2』での所属チームは共有されます。

 

正式サービスでは、『NGS』でチームを作成することができるようになる予定です。

また、『PSO2』と『NGS』の間で「チームチャット」のやり取りも可能です。

 

フレンドリスト情報は『PSO2』と『NGS』で共有されます。

「ウィスパーチャット」「チームチャット」「グループチャット」は、『PSO2』と『NGS』間でやり取り可能です。
それ以外のチャットは、『PSO2』内での仕様と同様に、

同じエリアやブロックにいるユーザー間のみで可能となりますため、

『PSO2』と『NGS』間のやり取りはできません。

『NGS』でもマイショップがあります。

ただし、『PSO2』と『NGS』のマイショップは別のシステムとなります。
『NGS』で入手したアイテムは、NGSでのみ取引可能です。
『PSO2』で入手したアイテムは、PSO2でのみ取引可能です。

 

『NGS』のマイショップの手数料は落札価格の10%となります。
これは消費税的な換算で約11.1111…%と同等です。

 

手数料は、正式サービスイン後も必要に応じて変更される可能性があります。

また、「いちおし!アイコン」の設定されたアイテムでは、最低出品価格が他のアイテムより高く設定されます。

 

なお、「マイショップ」出店の有効期限については、『PSO2』と『NGS』で共有されます。

『NGS』のユニットは、見た目のない防具となります。

『PSO2』で入手したユニットも『NGS』に持ち込んだ際は、見た目のない防具となります。

 

また、パラメーターや特殊能力・潜在能力については、現在とは異なる性能に変更されます。

高レアリティのユニットは、キャラクターが特定のレベルに到達するまで装備できない場合があります。

 

『PSO2』で入手したユニットについて (※開発段階のため変更の可能性あり)

『NGS』でのレア度
『PSO2』でのレア度『NGS』での装備条件

★1


★1~6


Lv.1


★2


★7~12


Lv.1


★3


★13


Lv.5


★4



Lv.10?


※『PSO2:NGS』のサービス開始初期の最高レアリティは、★4になります。

  • NPCショップへの売却やマイショップへの出品はできません。
  • 時限能力は、『NGS』では機能しません。
  • 「リア」「アーム」「レッグ」の装備枠の名称が、「ユニット1」「ユニット2」「ユニット3」に変更になり、『PSO2』で入手した「リア」「アーム」「レッグ」のユニットは、それぞれの番号に対応した専用ユニットとなります。
  • 強化値は変更されませんが、『PSO2:NGS』のアイテムラボでは強化することが出来ません。
  • 『PSO2』のユニット(=防具)の強化値「+10」は、『NGS』の防具の強化値「+40」相当に性能が補正されます。

『NGS』仕様の武器や防具は、どちらも最大「+40」まで強化可能です。

なお、『PSO2:NGS』で入手した『PSO2:NGS』仕様の武器や防具は『PSO2』では使用することはできません。

「チーム倉庫」「メセタ倉庫」以外の「倉庫」は、拡張情報を含めてすべて共有され、

『PSO2』と『NGS』どちらで入手したアイテムも預けることも取り出すことも可能です。

ACとSGは、『NGS』と『PSO2』どちらでも使用できます。 「メセタ」「FUN」は、ゲームバランスに影響を与えるため『NGS』と『PSO2』で別々に所持することになり、共有はされません。

『PSO2』で入手した武器のうち、

新世武器については、『NGS』でも使用可能となります。

旧式武器については、『NGS』で使用することができません。

 

新世武器のデザインは変更ありませんが、パラメーターや特殊能力・潜在能力については、現在とは異なる性能に変更されます。
また、高レアリティの新世武器については、キャラクターが特定のレベルに到達するまで装備できない場合があります。

 

『NGS』において、該当新世武器を使用可能なクラスが未配信の場合、

対象となるクラスが配信されるまで、『NGS』で新世武器を使用することはできません。

『NGS』でのレア度


『PSO2』でのレア度『NGS』での装備条件

★1


★1~6


Lv.1


★2


★7~12


Lv.4


★3


★13~14


Lv.8?


★4


★15


Lv.15?


※『PSO2:NGS』のサービス開始初期の最高レアリティは、★4になります。

  • NPCショップへの売却やマイショップへの出品はできません。
  • 装備クラス条件は、武器カテゴリごとの『NGS』のクラス仕様に合わせた条件に変更されます。 武器固有の特殊な装備クラス条件は、機能しません。
  • 新世武器の武装エクステンド情報は、『PSO2:NGS』では機能しません。
  • 強化値は変更されませんが、『PSO2:NGS』のアイテムラボでは強化することが出来ません。
  • 『PSO2』の新世武器の強化値「+35」は、『NGS』の武器の強化値「+40」相当に性能が補正されます。

『NGS』仕様の武器や防具は、どちらも最大「+40」まで強化可能です。

なお、『PSO2:NGS』で入手した『PSO2:NGS』仕様の武器や防具は『PSO2』では使用することはできません。

 

 

『PSO2』で入手した「武器迷彩」は、『NGS』で使用可能です。
ただし、対応している武器のカテゴリーが未配信の場合などには使用ができませんのでご注意ください。

 

武器フォーム変更機能については、第1回CβT時点では、

『PSO2』側世界で武器フォーム変更済みの武器を持ち込むと、『NGS』世界でも反映されていたようです。 ※自分では未確認です。

 

『NGS』側世界では武器フォーム変更機能は未実装でした。

『PSO2』で獲得した称号は『NGS』には共有されません。

 

『NGS』の称号は2021年秋頃に実装される予定です。
サービスインから称号システム実装までのプレイ内容も、過去に遡って称号取得が可能です。

 

 



  
       
  
       

おすすめ記事

コメント

    • 匿名
    • 2021年 6月 03日

    ”ユニットはどうなるの?”のユニットの装備条件間違ってます

    • コメントありがとうございます。
      装備条件に関しては第1CBTと第2CBTですでに変更があり、
      第2CBTと海外CBTでは装備の持ち込みはできませんでしたので、あくまでも目安として載せてるだけと考えてもらえるとありがたいです。

      正しい情報は運営内部の方以外誰も分かりません。

    • 匿名
    • 2021年 6月 04日

    キャラのプレイ時間って引き継がれるのかな?
    NGSは0から?

    • コメントありがとうございます。
      この記事では公式サイトの告知でQ&A形式になっていたものなどを概ね書いたのですが、

      http://pso2.jp/players/news/i_datasharing/
      こちらのURLで共有可否の一覧が出ていまして、
      プレイ時間は共有されるようです。

      また、ゲーム8さんの記事でこのようにおおまかな分類をしている記事もあります。
      https://game8.jp/PSO2NGS/388176

      当サイトで、似たような引き継ぎ・共有の分類をまとめたものを作るかは、game8さんの記事があるため検討中です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る