PSO2:NGS×ずとまよ(ZUTOMAYO)コラボ!6月18日19時にMVが公開されました!

 

重大発表「NO BORDER. キミにしかなれない、キミがいる。」オンラインリリースにて、『PSO2:NGS』×『ずっと真夜中でいいのに』(ずとまよ、ZUTOMAYO)とのコラボレーションが決定。

 

新曲の「あいつら全員同窓会」が発表されました。

 

 

「あいつら全員同窓会」が本日6月18日19時にMV公開!


あいつら全員同窓会は、6/18(金) 19:00に MV公開 各DL/STREAMING配信が開始されます。

 

 

 

 

 

ティザームービー

 

 

 

 

PSO2:NGS×ずとまよ(ZUTOMAYO)

ずとまよとは?

「ずっと真夜中でいいのに」は、Youtube総再生回数4億回を誇る、特定の形を持たない音楽バンドです。

 

 

今回発表された「あいつら全員同窓会」は、「ずとまよ」の作詞・作曲・ボーカルを務める ACAね さんが、本プロジェクトのために、PSO2:NGSのプレイヤーや、プレイスタイルなどをイメージして書き下ろした新曲となっています。

 

 

いつもはアニメーションでPV(※MD)を公開している「ずとまよ」が、NGSとのコラボや「NO BORDER.」に込められたメッセージを表現するために、今回は特別に実写を混じえたスペシャルPVを制作!

 

 

 

スペシャルPVは、6月9日AM0:00に公開されました。

 

スペシャルPV

 

 

 

 

さらに、6月7日に一夜限り限定で、スペシャルPVを60秒間に編集した特別PVをテレビCMとして放送!

テレビCMは、テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた。」番組内にて放映されます。

 

 

詳しくはまだ言えないが、アニメーションVerのMVも現在鋭意製作中だそうです。

NGSのために書き下ろした新曲なので、アニメーションもNGSの世界のアニメの可能性が高そうです。

 

 

 

 



ACAねさん(ずっと真夜中でいいのに。)のコメント

 

ゲーム普段から好きで、こういったゲームのテーマとして

音楽作りしてみたかったので『NGS』さんとのコラボ、お話していただきとても嬉しかったです。

好きなキャラクリを、豊富な種類から自分の好きなように選んで、育てて、冒険して、

友達とオンラインで繋がって遊べるって、めっちゃ楽しみです。

「NO BORDER. キミにしかなれない、キミがいる。」という、

今回のコラボのコンセプトから、色んな面があるのはスタンダードで、

どんな生き方も間違ってないのかもしれないと、共感しました。

追われ、繰り返す毎日の中で、誰のほうが誰になれるもなく、

人様の基準だけでなくて自分の尺度で、自分のボーダーの上で歩いてみたかった。

そういう曲をわたしも作りたかったので有り難き ^ー^

早くキャラクリして育て戦いたいです。

『NGS』と「あいつら全員同窓会」お楽しみにです。

 

 

 

チームNGS

  今回のプロジェクトなど様々な事をきっかけに「PSO2:NGS」に興味を持って頂いた皆様に対し、更に「NGS」の魅力を広めるために、「PSO2:NGS公認ストリーマー」による、「チームNGS」が発足!

 

チームNGSには、公式生放送のアシスタントMCとしてお馴染みの「yunocy」さんや、Youtubeで人気のゲーム実況者「鯖クロ」さん等が抜擢!

 

チームNGSメンバーSNS

yunocy
【ツイッター】
@mizuyuno_

【ツイッチ】

鯖クロ
【ツイッター】
メイン垢
@sabakuro0521

PSO2、NGS垢
@sabakuro_pso2

【Youtube】

バーチャルゴリラ
【ツイッター】
@Gorilla_Virtual

【Youtube】

ゆうな
【ツイッター】
@yuna_game_

【Youtube】

 

詳細はまだ未定ですが、6月下旬頃より、チームNGSとして任命された

ストリーマーの皆さんによるゲーム実況放送が順次公開されていくそうです。

 

 



PSO2 ニュージェネシスってどんなゲーム?

コンセプトのうち3つをざっくり紹介されました。

 

PSO2:NGSがどんなゲームかは、こちらの記事に、より詳しく書いています。

 

 

 



  
       
  
       

おすすめ記事

コメント

    • 匿名
    • 2021年 6月 02日

    いきなり聞いたこともないような無名とコラボとか節操ないのはそのままなのね

    • 匿名さん>あくまでも個人的な話ですが、僕も正直一度も聞いたことのないアーティストさんでした。
      Youtubeに投稿されている楽曲も見に行きましたが、一度も見かけた事も聞いたこともありませんでした;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る