【PSO2NGS】クヴァリスリージョンの良かった点と悪かった点まとめ

【PSO2NGS】クヴァリスリージョンの良かった点と悪かった点まとめ

 

 今回は、PSO2:NGS(ニュージェネシス)で、2022年6月8日に配信された大型アップデート「氷壁を穿つ五つの志」から、これまでに関するクヴァリスリージョンを実際にプレイしてみて良かった点と悪かった点についてプレイレポートを書いていきます。

 

クヴァリス&ウェイカーに対するアンケートが来た時用の備忘録も兼ねてます。

 

良かった点
  • ☆6と同時に☆7武器がサイレント実装された
  • フローティングボード実装で毎日ギャザリングをするようになった
  • 投擲アクションをギミックに繋げる事で活かせている
  • カイゼラム武器がすぐに実装された
  • ラゲードの方が強い
  • サイドタスクで世界観の補完
  • 初動のアプデ量と分割
  • トレジャーショップ

 

悪かった点
  • カイゼラム武器の強化やOPなどの引き継ぎがないという告知が遅れた
  • 1人で出来る事が少ない
  • フィールドレース(意図的なのは知ってるが
  • 寄生対策
  • 希少素材の要求数や交換に対するバランス
  • クヴァリスにフォトンクォーツがない
  • レソのイコライジングタスク

 

良かった点

 

 クヴァリス実装で良かった点、今までと比べると明らかに改善されたなと感じる点としては、まず第一に☆6武器だけでなく☆7武器がサプライズ実装された点だろう。

 

 特に、ラゲード武器に関しては初週からレアドロップとして実装されたため驚きがあり、それに見合う強さであった事が評価できる。

 

 

 また、筆者個人の大きな変化としては、リテムではほとんどしていなかったギャザリングによる素材集めを、クヴァリスでは毎日するようになった事が挙げられる。

 

 特にフローティングボードの実装が大きく、中央クヴァリスでは日課となるスノークスを集めるついでに鉱石やアイシクルオーブ、イカを集められるし、西クヴァリスでもペンドライトを集めて降りていった先でマグにエサやり、周りのマキガイを集めるといった感じで苦にはならない。

 

 

 投擲アクションについても、結晶氷を壊して欠片を拾ってただ投げるだけというシンプルなものなのだが、それだけで終わらずに、クロコダラスというカメの口内に球投げするギミックや、ロストセントラルの巨大氷柱ギミックコールドフォトン励起のトライアルで活かせており、追加された新アクションが2つともしっかり活きているのが良かった。

 

 

 

 

 

 また、ラゲード実装の次の週にすぐに交換武器のカイゼラムシリーズが実装された事も高く評価出来るポイントだろう。

サンクエイムの時は時差で実装されたのだが、カイゼラムの時は、これくらいがんばれば☆7武器が作れますよという目標がすぐにできた。

 

 それにラゲードの価値が落ちたかというとそこまででもなく、カイゼラムはプリセットがつかない点や、直ちに何本も交換できる作りではない点、ラゲードの方が強い点、マイショップ出品の可否で差別化が図られているのも良い。

 

 

 

 

 また、クヴァリスリージョンでは、サイドタスクやNPCとの会話での世界観の補完がかなり増えた。

NGSの世界観がようやく少し分かってきたので「やっと面白くなってきたぞ」と言う感じがある。

 

 本音を言えば、サイドタスク中の会話は1キャラ1度きりしか見ることができず、セクションの区切りギリギリでクリアするタスクもあるためダッシュなどで勢い余ってエリアを跨いでしまうとそのまま読めなくなってしまう点が歯がゆいところ。

 

 

 

 

 

 初動のアップデート量とそのバランスに関しても良かった。

 

情報過多ではあったのだが、エンシェントエネミーやレソの交換、DFランク2が分割して実装されたためまだ追える範囲であったし、約3週間程度に渡って勢いが続き、「人によっては実装3日目にしてやる事が何もない」というような問題が今回は起きなかった。

 

 

 初週は希少なギャザリング素材「ノータ系」ブリザーディアム何に使うかも分からなかったのでとりあえずで毎日集めておく必要があったし、特定条件じゃないと出現しないというのも初めてだったので新鮮さという点においてはよかった。

 

人によっては通った時に見つけられず、また別の人は条件を満たしていたので通っただけで見つけられたという点でも情報共有がなされてオンラインゲームらしさがあった。

 

 

 エンシェントエネミーに関しても、早い人なら初週のうちに低温ダメージ対策をしておいてアップデートからすぐに倒しにいけたし、倒さないと滅多にアイシクルキューブが手に入らないのでコンテンツとして行く必要が最低限有るのも良い。

 

 

 

 

 

 

 トレジャーショップに関しては現役でメインキャラだけで遊び続けてる人にはパッとしない面もあるかもしれないが、サブキャラを別のサーバーに置いてる場合や復帰・新規勢にとっては、強力なOPや潜在解放などに必要な鉱石が手軽に購入できるようになった点が秀逸で、あまり人の居ないエアリオやリテムに長く留まる必要がなくなっている。

N-エクスキューブに関しても、カンストせずともとりあえず購入手段自体は出来た。

 

 

 

 

 


悪かった点

 

 

 悪かった点として、まず第一に挙げられるのはカイゼラム武器の強化やOPなどの引き継ぎがないという事と、その告知が遅れた件でしょう。

 

 遅れた理由はおそらくシステム的な実装が間に合わなかったり、☆7武器の存在を、大型アプデ前やラゲードドロップでのツイッター等ユーザー同士での情報共有以外から知られたく無かった等色々あるのだろうというのは大凡ユーザーサイドからも見えてはくるのですが、交換武器の存在自体は4gamerさんの記事で事前にチラっと記載があったりはしたので、ラゲードの存在を知った時点で、来週実装のレソの交換武器は☆7武器ではないか?という噂にはなっていた。

 

 しかし確定情報がなかったのでロクスを作成・強化やOP付けしてしまったユーザーも居たであろうし、旧PSO2とどうしても比べられてしまうので、強化やOPの引き継ぎがないというのはせめてレソの交換実装日のメンテ中などに告知するなり、あるいはそれよりも前に☆7武器という部分は伏せた形で予め「交換武器はあるが引き継ぎがない」旨を告知するという手段もあったであろう。

 

 この辺りは☆7武器の存在を伏せる事で盛り上げるという良い部分と、そのせいで失敗したというある種仕方ない部分があり難しい判断ではある。

 

 

 また、クヴァリスリージョンが来てやることは色々増えたのだが、意外と1人で出来る事が少ないのも問題だ。

ギャザリングや、野良での老練狩りなどはもちろん1人でできるのだが、マッチングルーム機能、いわゆる鍵部屋を利用する固定でのカプタン掘りやブリザーディアム掘りが流行っていて、固定に参加出来ないプレイヤーには厳しい環境だ。

 

 しかも、旧PSO2のディバイドクエストのホストだけクリアしないで部屋を保持するといった完全な抜け穴的なやり方とも違い、個々のルームでトライアルを発生させるというのは割りと本来の仕様寄りな行為でもある。

※ルーム生成による赤箱や素材の増殖バグは以前に修正済み

 

 

 

 

 ブリザーディアムは普通に毎週のレソの交換と、毎日のギャザリング回収をした場合には週27個+トレジャーショップでランダムに何個か、マップ上のフローズンコンテナでランダムに何個かという状況なので、コツコツ集めるとカイゼラム1本交換するのに約1ヶ月半程度かかる。

 

 

 入手に時間がかかることよりも、集めようと思った時に1人ではコツコツ集めるのが難しいのが問題の1つだ。

 

 そもそも交換に過去の鉱石や中央クヴァリスなどで採取できる鉱石が活かせてはいるが、フィールド入手が週7個に対して交換で週20個というバランスにも疑問が残るし、雪を待たないといけないのもただ放置するようになりがちだ。

 

 

 

 

ファミ通.com

 

 

 フィールドレースがあまりプレイされていないのは、ある程度は運営の想定どおりの作りらしいのだが、それでももう少し工夫が欲しかった点だろう。

 

 

 

 現状の寄生対策についても不完全で、コンテンツと噛み合ってないように感じる。

 

ボスエネミーに対して1発でも攻撃を当てないとドロップがもらえず、約120秒間以上攻撃しなかった場合にもドロップがもらえないという仕様らしいのだが、それならボスの周りに妨害をしてくる雑魚エネミーを配置しないでほしい。

 

邪魔な雑魚エネミーから処理をするといった丁寧なプレイの仕方をする場合は意識しておかないとドロップがもらえなくなる。

 

 ラッピーの集会場に関してもこの仕様と噛み合って無く、一部ではあるが、老練狩りをせずにエンペの発生するミスチーフシンボル周辺で放置するプレイヤーが現れた。

 

これはユーザー側の問題でもあるが、開発サイドでもテストプレイ時にすぐ気になる点ではあったはずだ。

エンペに攻撃を当てないとドロップがもらえないのも注意だ。

 

 

 

 希少素材の要求数や交換に対するバランスも良くない。

ブリザーディアムは基本足りないのにたいし、ノータ系素材は逆に余りがちだろう。

 

 

 ギャザリングでは、クヴァリスにはフォトンクォーツがないので、エアリオやリテムに回収しに行く必要がある。

この辺りは少しは配信済みリージョンにもいけという事ではあるのだろう。

 

 レソの交換を解放するのにイコライジングエネミーを3体倒すタスクがあるが、最初はこれがクヴァリスリージョンだけが対象で大変だった。

このようなタスクはロナルディンの上級訓練の方に入れれば良いものであって、ストーリー進行や、アイテム交換の解放に必要にするべきではなかっただろう。

 

 

 

また、ファミ通.comにて以下のような記載があった。

 

そして先ほど挙げた休止の要因も、かなり改善されているように感じた。作業感が払拭されたというか、気にならなくなったのである。

ファミ通.com

 

 お仕事で依頼を受けて良い方に書いている点、復帰から少ししか触ってない点はあると思うが、作業感が気にならなくなったのはフローティングボードを使った素材回収くらいであり、その他の方面では作業感はあまり払拭されてはいない。

 

 というより、ある程度やり込もうとすると、カイゼラム武器の素材や強力なOP、金策などの作業をさせる事を主要コンテンツに置いている形だ。

 

 

 

 



終わりに

 ファミ通.comによると、レア掘り以外にも、キャラクターの育成によって新たな能力が手に入る仕組みを準備中とのことなので、今後のNGSに期待していきたい。

 

 それに、サービス開始当初言われていたコンテンツ不足はだいぶ気にならなくなってきてはいるので、そろそろクエスト系のコンテンツとは別のものを何か入れて欲しいところではある。

 

 

 

 

 

 

 
  
       
  
       

広告

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2022年 7月 20日

    個人的にはレア武器とその他の武器のバランスはリテムの方が好きでした。
    そこまで圧倒的でも無いけどドヤれるくらいの差の方が、野良のバランスがそこまで酷いことにならないと思うので。
    運営が謎に高難易度ばかり流行らせようとしてるのも逆風ですね。
    ベースにだらだらと遊べるコンテンツが豊富にあってスパイス程度の高難易度バランスが良いのですが。

    • クエスト以外のコンテンツの追加も欲しいですよね(´・ω・`)

    • 匿名
    • 2022年 7月 22日

    ロクスは潜在が特殊で防具もPP重視で作ったりしたから武器だけの被害じゃないんだよな

    • 匿名
    • 2022年 7月 27日

    メインストーリー短すぎるの個人的にクソポイントだった。新キャラこんなにだしてこれだけ???みたいな

    • ショートエピソードやサイドストーリー来ますが、世界観の深掘りがあるようなエピソードがあるといいですね( ・`ω・´)

    • 匿名
    • 2022年 7月 27日

    リテムまでコート使ってた身としては、シーズナリーポイントで手に入るオーヴァ+40(特殊能力付き)はありがたかった
    ポイントも貯めやすいから各武器揃えるのに本当に助かる

    • オーヴァは装備条件Lvが高めなものの、サブキャラやこれからクヴァリスプレイする方には強いし強化も安いし入手もしやすくて良いですよね( ・`ω・´)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事