【PSO2NGS】最強クラス、おすすめクラスまとめ【2023年1月版】

【PSO2NGS】スティア環境の最強クラス、おすすめクラスまとめ

 

 PSO2NGSのスティアリージョン最新版の最強クラス、おすすめクラスのまとめ。

ボス戦、雑魚戦ごとの最強クラスやおすすめクラス、クラスごとの評価をまとめています。

 

PSO2NGS(現環境)の最強クラス、火力ランキング早見表

対ボス(単体)戦Tier対雑魚(複数)戦Tier支援型Tier
対ボス、単体戦クラスTier
SSランクファイター ブレイバー
Sランク バウンサー ウェイカー
Aランク
 ハンター
 ガンナー フォース
Bランク レンジャー テクター
対雑魚、複数戦クラスTier
SSランク フォース
 
Sランク
 テクター レンジャー
 ウェイカー ガンナー
Aランク
 ブレイバー
Bランク
ファイター  ハンター
 バウンサー 
支援型クラスTier
SSランク レンジャー
 テクター
Sランク バウンサー
Aランク
 フォース
Bランク  ハンター 
Cランク ウェイカー ガンナー
ファイター ブレイバー

↑【対ボス(単体)戦、対雑魚(複数)戦、支援型】ごとにまとめた早見表です。

シーンによって強力なクラスは変わりますし、基本的には好きなクラスで遊ぶと良いです。

 

 

あなたが選ぶ最強クラスはどれ?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

 

PSO2NGS(スティア)の総合おすすめクラス

 

 

おすすめクラスの個別解説(Sランク)

ブレイバー

ブレイバー

武器 カタナ バレットボウ
特徴
・刀と弓を使い分けられる遠近万能のクラス
・カタナのフォトンアーツを3連続使用後の通常攻撃が強力なフィニッシュ攻撃に変化する。
・バレットボウはいわゆる「出待ち攻撃」が特に優秀

 

 

 ブレイバーはボスエネミーに特に強いクラスです。

スペシャルアビリティオプティマイズBrの実装により、カタナと弓の使い分けや、マルチウェポン運用がしやすくなりました。

 

 

カタナのPAコンボフィニッシュやカウンター成功後の通常攻撃が強力な座標攻撃化するため、弱点に当てやすく、初心者〜上級者すべてにおすすめできるクラスです。

 

 カタナのガードは武器アクションを押している間はずっと全方向ガード状態になるため、回避・パリィ系アクションのカウンターよりも難易度やリスクが低いです。

カウンターの練習には、まずはブレイバーかハンターを選択すると良いでしょう。

 

 

 

参考:esシミュの人のPSO2ラボ

 

 

 

 

 

ファイター

ファイター

武器 ダブルセイバー ツインダガー ナックル
特徴
・近距離戦に特化したクラス
・火力は出せるがガードを持たないので回避・パリィなどの武器アクションタイミングがシビア
・スキル「リミットブレイク」はFi武器威力を更にアップできるが受けるダメージも増加する。ハイリスクハイリターン

 

 

 ファイターは今回12/7実装の新スキルでダブルセイバーのカマイタチ3段階目が追加され、環境が一新。

スロースターターではあるもののカマイタチが維持し続けられれば、リミブレなしでも現状文句なしに最強のクラスと言えるほどのDPSを誇ります。

前環境ではカウンターこそ強いものの、ダウン中に高DPS技を持たない事をディフィートアドバンテージでカバーするようなクラスだったのですが、現環境ではリミブレ含め、純粋に更に底上げ出来るような立ち位置に。

 

 

 カマイタチ(3段階目)やアンチェインサークルの範囲が広いため、近距離戦闘であれば範囲攻撃も中々いける程度にはなりました。

 

 

 近くに敵がいない環境のほか、戦闘不能でもカマイタチが消えてしまう上、もともとリミブレなどハイリスクハイリターンが特徴なクラスのため中~上級者向けにおすすめのクラスです。

 

また、カタナBrに飽きた方やナックル&ダガー環境でのFiにいい加減飽きたという方にもダブセが持てるのでおすすめです。

 

 

 

参考:esシミュの人のPSO2ラボ 僕のツインダガー、ナックルDPS検証

 

 

 

フォース

フォース

武器 ロッド タリス
特徴
・中距離~遠距離戦が得意だが、近距離戦でも真価を発揮
・敵の弱点属性を突くテクニックの使い分けが重要
・スキル「Uテクニックゲージアンプリファイ」はテクターのものと重複して適用される

 

 

 フォースは雑魚殲滅時に特に真価を発揮するクラスです。

特にPSEバースト中は、タリスを使うことで最高効率で広範囲の雑魚敵を処理できます。

 

ボス戦はロッド、雑魚戦はシーンによってロッドとタリスを使い分けると良いでしょう。

 

新スキル「Uテクニックゲージアンプリファイ」はテクターのものと重複して適用されるため、FoTe(サブクラス:テクター)という組み合わせもおすすめ。

複合テクニックがガンガン打てるようになります。

 

 

スティアの緊急クエストボス「ニルス・ヴェラ」、リージョンボス「ニルス・スティア」には属性ギミックが存在するため、法撃クラスがパーティに1人は居ると楽に攻略できます。

 

 

 

 

 

 

 

バウンサー

バウンサー

武器 デュアルブレード ジェットブーツ
特徴
・打撃と法撃を使えるクラス
・エネミーをダウンさせやすくなるスキルを持ち、更に敵の攻撃力を下げるデバフスキルも
・スキル「バーシャルデストロイアドバンテージ」で部位破壊毎に火力がアップ

 

 

 バウンサーはボス戦に強いクラスです。

ディクライン系のスキルで敵をダウンしやすい状態にし、攻撃力も低下できるので戦闘時間の長い緊急クエストのボス戦では何度もダウンさせることが出来るようになります。

 

デュアルブレードの「ピニオンブレード」や「ファナティックブレード」、ジェットブーツの「ジェットインテンシティ」が強力です。

 

 

参考:esシミュの人のPSO2ラボ僕のジェットブーツDPS検証(古い)

 

 

 

ハンター

ハンター

武器 ソード パルチザン ワイヤードランス
特徴
・近距離戦が得意で、生存能力の高いクラス
・範囲攻撃やワイヤードランスでの空中戦も可能
・スキル「ソードアーツチャージアヴェンジ」はチャージPAによる自動カウンターが出来るので初心者にもおすすめできるクラス
・新スキル「マッシブハンターエクストラシールド」で、PAへのスーパーアーマー(頑強・怯み防止効果)が付くためゴリ押しも可能

 

 

 ハンターはHPが高く、扱いやすくて強力なソードを使えるため、初心者におすすめのクラスです。

クラススキル「マッシブハンター」、「フラッシュガード」で更に耐久力を上げられる上、「アイアンウィル」は「根性、ふんばる、きあいのたすき」のように、HP1で耐える効果を持つため、カウンターが苦手な方や被弾が気になる方にもおすすめです。

 

 

 ソードだけでも火力や扱いやすさが優れているので、迷ったらまずはソードを使用すると良いでしょう。

パルチザンは火力が高いですが扱いが難しいため、上級者の方におすすめです。

 

 

2022年10月5日のアップデートにより、ダウン時のストリークキャリバーによる火力が上がりました。

 

 

参考:esシミュの人のPSO2ラボ

 

 



おすすめクラスの個別解説(Aランク)

テクター

テクター

武器 ウォンド タリス
特徴
・近距離、中距離、遠距離スキがない、味方の支援が得意なクラス
・直前に使ったチャージテクニックの属性を、ウォンドでの物理攻撃に乗せられる
・シフタ・デバンドやオーバーエンファシスなど、支援スキルが豊富でパーティに居ると非常に心強い

 

 

 テクターは味方の火力や耐性をアップするバフスキル「シフタ・デバンド」や、HPとPPを全回復する「オーバーエンファシス」を使えるサポートクラスです。

 

 近距離戦ならウォンド、遠距離ならタリスと使い分けると良いでしょう。

またフォースと同様に複合属性テクニックが使用できるので、サブクラスにフォースを設定するのもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェイカー

ウェイカー

武器 タクト
特徴
・ペットのような存在である3種の「ファミリア」を召喚して戦うクラス
・「ファミリアユニゾン」や「マルメロストライク」が強力

 

 

 ウェイカーは、3種類のフォトン生命体「ファミリア」を使い分けて戦う、遠近スキのないオールマイティ型のクラスです。

近距離戦にはヴォルファー、遠距離戦にはフレドランとバランスがとれており、様々な戦況に対応できます。

 

立ち回りの幅が広い反面、火力を出そうとするとギアゲージの管理が必要になるため難しく、中〜上級者におすすめです。

 

 

 

 

 

ガンナー

ガンナー

武器 ツインマシンガン アサルトライフル
特徴
・近距離戦がメインの射撃クラス
・射線による攻撃で弱点へ攻撃が当てやすく、空中戦が得意
・チェイントリガーにより、瞬間火力が高い

 

 

 ガンナーは巨大なボスとの戦闘や空中戦に強く、エイムレスレインでの近距離範囲や、ライフルのホーミングダートによる遠距離範囲攻撃も得意なクラスです。

 

アップデートにより無敵時間などのアクション面が改善され遊びやすくなりましたが、チェイントリガーを絡めた立ち回りが必要で且つスロースターターなため、ゲームに慣れてきた中〜上級者向けのクラスでしょう。

 

 

 

 

 

 

レンジャー

レンジャー

武器 アサルトライフル ランチャー
特徴
・中~遠距離戦が得意だが近距離戦で真価を発揮するボンバーマンクラス
・なによりもまずはウィークバレット。自分と味方全体の火力を底上げ出来るためこれが最優先
・遠距離からの射線攻撃や座標攻撃が出来るため、近接クラスでは不向きなダークファルスなどの敵に強い

 

 

 レンジャーはスキル「ウィークバレット」による味方の支援が非常に強力で、マルチ内のプレイヤー全体の火力を底上げできるのが強みのクラスです。

また、スキルにより、敵の攻撃の回避成功でライフルグレネーダーのリキャストを短縮できるため、近距離戦では何度でも爆弾を設置するボンバーマンクラスにもなれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最強/総合おすすめクラスの評価基準について
  • 最強クラス(ボス戦)には、スティアリージョンのボス戦やスティアのバトルディア:パープルで活躍できる機会が多く、DPSの高いクラスを高ランクの基準としています。ニルス戦のギミックに出す支援クラスとしての場合はFoやTeの優先度はもっと上がります。
  • 最強クラス(雑魚戦)には、スティアリージョンの雑魚戦やPSEバーストで活躍できる機会が多く、雑魚殲滅力の高いクラスを高ランクの基準としています。
  • 最強クラス(支援型クラス)には、支援能力を持つクラスを高ランクの基準としています。
  • 総合おすすめクラスには、局所的な強さだけでなく、ソロ、マルチともに戦える汎用性の高さや初心者でも扱いやすい事なども考慮し、総合的に判断しています。
最強クラス表についても、DPSなどのデータ上や、私の個人的な印象上で強くても、全てにおいて最強というわけではありません。

ダークファルスなどが分かりやすいですが、クエストや敵によって最適クラスは異なるため、自分の使いたいクラス、自分に合っているクラスを選びましょう!

 

 

 

おすすめサブクラス(組み合わせ)

 

 

 



おすすめサブクラス

 

 

おすすめサブクラスの個別解説(Sランク)

ファイター

ファイター

サブクラス用推奨スキル:
・ディフィートアドバンテージ
・ディフィートPPリカバリー

 

 

 サブクラスとしてのファイターは、ダウン中の敵に対する火力UPスキルを持ち、ダウン中の敵に対しての攻撃時PP回復量も増加できます。

基本的にボス戦との相性が良いため、緊急クエストやパープルトリガーに行く際にサブクラスに設定すると良いでしょう。

 

 

 

フォース

フォース

サブクラス用推奨スキル:
・PPコンバート
・PPコンバートインクリース
・PPリカバリーアップ
・キリングPPゲイン

 

 

 サブクラスとしてのフォースは、PP回復係のスキルが充実したクラスです。

メインクラスFoの際にFoTeの構成(サブクラスをTe)で使う場合はPPコンバートやPPリカバリーアップをMAXで取得したスキルツリーでの運用も可能なため、スキルツリー1本でもどのクラスのサブクラスとしても活躍できます。

 

サブクラス特化のスキル振りについては以下の記事をご確認ください。

 

 

 

バウンサー

バウンサー

バウンサー

サブクラス用推奨スキル:
・ディフィートアンプリファイ ※必要に応じて未取得
・パーシャルデストロイアドバンテージ
・ジェットインテンシティ
・各属性追撃系スキル

 

 

 サブクラスとしてのバウンサーは、敵の部位破壊回数に応じて与ダメージが増加し、被ダメージを軽減するのが最大の特徴で、部位破壊箇所の多いボスに有効です。

また、ディフィートアンプリファイはエネミーに与えるダウン値が増加するため、場合によっては切ったほうが敵を速く倒せる事もあるでしょう。

 

 ドルドリスの何度も復活する背中コア部位破壊や、ダウン値増加により、属性ギミックのあるニルスとの相性も良いため、スティアではサブクラスに設定する強みがより顕著でしょう。

 

 

参考:NGS検証データ置き場(ものさしさん)

 

 

 

 

ガンナー

ガンナー

サブクラス用推奨スキル:
・アタックPPリカバリー
・オーバーウェルム

 

 

 サブクラスとしてのガンナーは、エネミーを攻撃した時のPP回復量が増加するのが最大の特徴です。

PA1→PA2→通常など、通常攻撃をうまく挟んだコンボをよく使う近接クラスとの相性が良いです。

 

また、ガンナーやレンジャーをサブクラスに設定した場合はアサルトライフルPAが使えるのも、大きな利点となります。
近接クラスの弱点である遠距離範囲攻撃を補う形で採用しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

   
  
       
  
       

広告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。